【膝痛との付き合い方】その鉄則は、、、

みなさまこんにちは!

看護師の高井です😊お久しぶりでございます!

実は出産のために、1年程お休みを頂き、復帰させていただいております🌹

 

 

少しずつ秋に近づいてきてましたね。涼しくなると外で運動をされる機会も多くなることもあるかと思います!

まだまだ暑い時もあるので熱中症に十分注意することは勿論、

お膝のお痛みを抱えていらっしゃる方にとっては

無理をしない!

これが鉄則になります👍

膝の痛みがある時に、痛い動作を無理に続けてしまうと、

より痛みが強く出てしまったり、痛みが長引いたりする原因になります。

痛みが出る動作というのはそれだけお膝に負担がかかっているという事なので、

それが続く事によりより膝の中の損傷が悪化してしまう可能性があります!

なので、たとえ今痛みが軽減したからと言って無理にたくさん膝を駆使していまうと

痛みがぶり返すということも考えられます。

 

歩き過ぎ、走り過ぎ、重い物を持つ、階段を駆け上がる駆け降りる、運動のし過ぎ、正座などの負担の掛かることはできるだけ控えることが望ましいですね😊

私の娘も1歳になり、1人でヨチヨチ歩くようになりましたが、まだまだ抱っこマンです😂

抱っこすると10キロ越えの体重が膝にのしかかります😢

私は腰は痛いので抱っこの時には必ず座って抱っこだけにさせていただいています、、、

膝の痛みは幸いにもまだ感じてはいませんが、ママ友には膝が痛くなってきたという方もいらっしゃいました。

出産後、育児中に膝を痛めてしまう方も多いようですね。

出産後の膝の痛みは、

①妊娠時期にかけての体重の増加

②骨盤のゆがみ

③ホルモンの影響

④子育てによる膝の負担

といった原因によって引き起こされていると言われています。

 

出産後の膝の痛みについて詳しくは是非こちらをご覧ください!!

 

また、出産後だけではなく、お孫さんのお世話をされている方でもお膝が痛い時がある事と思います。

元々お膝を痛めてしまっている場合には「④子育てによる膝の負担」が大きくかかわってくると思われます。

無理なさらずに、抱っこする時は座って抱っこしたりする、無理に走ったりしないなど工夫をしていくと良いですね~💖

とはいっても、子供は走り出したらなかなか止まってくれないので、

必死に追いかけなければならないのは仕方ないところもありますかね(^-^;

くれぐれも無理をなさらないようにお膝を大切にしていきましょう🎶

それではごきげんよう🌞