体重を減らして変形性膝関節症の痛みが改善!

こんにちは!看護師の髙井です!!

秋も深まり、もうすぐ冬ですね。

食べ物もおいしい季節であることと諸事情により最近順調に太っております(>_<)🌰🍊

飼っているワンコ🐶も大好きなサツマイモにより飼い主と一緒に太っております。。。

体重増加で皆さん気になるのが、、、膝の痛みですよね。

どこかで聞いたことがあるでしょう。

膝が痛くて病院に行くと

「体重を減らさないと膝わるくなりますよ」

なんてお医者さんに言われた経験ありませんか?

 

当院で治療を受けられた方でも、肥満度を表す指標BMI値が肥満以上となっている方はおよそ4割以上いらっしゃいます!

BMI=身長(M)÷体重(kg)÷体重(kg)

で算出したものですが、BMI=25以上が肥満と言われています。

ご自身の体重はどうでしょうか。

BMIが25以上ある!というかたはご注意ください!

実は体重が膝に掛ける負担はものすごく大きいものだと言われています!

歩行時には体重の3倍、階段昇降の時には7~8倍の体重が膝に負担がかかると言われいます!

気になる方は当院にも体重計もちろんございますので、スタッフにお声がけください!

計測させていただき、一緒に膝が良くなるための体重コントロールを考えていきましょう!!

 

本日、治療後の診察にいらっしゃった方で体重管理に成功されたお話を紹介させていただきます!

49歳 男性 会社員

お仕事で海外への出張や外回りが多いお仕事で治療前は仕事で歩くことも膝が痛くてつらかったとの事です。

受けて頂いた治療:SCAFF治療(両膝)

治療されてから半年が経過しました!

治療後すぐには改善変化はないのですが、1か月後くらいから膝の痛みが軽減して3カ月経過時には半分以上の痛みがなくなっていたとの事です。

半年かけてさらに改善していき、現在は仕事で歩き回ることや日常生活では膝のことは気にならなくなるほど、痛みが軽減されています!

 

それもそのはず、実はこの方、以前より体重を気にされており、半年かけて膝の為に食事制限を行いダイエットをしておりました!

 

元々の体重が95kgから半年で85kgと10kgの減量に成功しています!!!!!

 

10kgの減量ですと、歩行時の膝への負担とすると30kg軽くなったことに繋がります!!

治療をして頂いて、ご自身でも膝のために体重コントロールの努力をされていたからこそしっかりとした痛みの軽減に繋がっています!

 

膝の痛みがなく生活できていることで膝の事を考えることがなくなり、仕事や趣味・好きな事を時間をかけて考えることができるので、人生も明るくなった!という事を仰っていただく方もいらっしゃいます(^^♪

 

毎日膝の痛みに悩まされている方、膝の痛みのことを考えない生活がどれほど素晴らしいか、是非実感して頂きたいと思います!

 

膝の治療と適切な体重管理

これにより膝の痛みが格段に改善されます!!(^^)/

膝痛と体重の関係についてこちらの記事も是非ご覧ください♪