ひざが痛い原因

変形した膝の動き

第30回 日本整形外科学会基礎学術集会から、興味深い題材を紹介しています。

本日、ご紹介するのは、この演題です。

題名 :イメージマッチング法を用いた健常膝と変形性膝関節症のステッピング動態解析

発表者 :濱井敏先生(九州大学)等

この発表では、健康な人の膝と変形性膝関節になった膝との動きの分析をしています。

動きを分析することで、変形することで、膝にどのような動きの変化が起こるのかについて検討しています。

3次元的に動作解析をしている発表が少ないので、動きの分析についての発表はとても興味深いです。

抄録の内容によれば、変形をすると伸ばしにくくなったり、膝が横にスライドすることが確認されています。

変形をした為に、このような動きになっているのか、このような動きが変形を促すのか、そのあたりも興味のあるところです。

以前より、当院では関節を正しく動かすこと、それ自体が関節の再生を促すと患者さんに説明しています。

動き自体が再生医療の重要な要素だと考えています。

よりよい動作、治療に役立つ動作など、動作についての研究が進めば、より治療効果が出やすくなるのではないかと思います。