ひざが痛い原因

関節の中は過酷な環境

関節の中は、実は細胞や組織にとって過酷な状況です。

 

常に組織には圧力がかかっていますし、酸素も少ないため、組織や細胞が生き残るのが大変な場所だと言われています。

 

その環境に適応している組織が軟骨だと言われています。

 

幹細胞を圧力のかかった状況や酸素の少ない状況で育てると、軟骨になることもあります。

 

関節の中は、軟骨だけが生き残れるような環境とも言えます。

 

関節の中に、組織を再生するような薬と注入した場合、たとえ色々な組織ができたとしても、この過酷な状況の中で生き残ることができません。

 

最終的には、軟骨だけが生き残ると思います。

 

SCAFF天然関節治療を行っている時にも、同じような状況が起きているのかもしれません。

 

治療後にしっかりと関節を動かす。

 

特に関節の表面に圧力を加えながら動かすことが重要になる理由の1つです。