変形性膝関節症

【変形性膝関節症】膝を切らない治療法

皆様こんにちは!

4月に東京ひざ関節症クリニックに入職しました看護師の深澤と申します。

お膝の痛みにお悩みの皆様のお力になれるよう、日々試行錯誤しながら

一生懸命頑張りますので、よろしくお願い致します😊

 

本日は初めてのブログ投稿となりますので、

簡単に私の自己紹介をさせていただきます。

出身は神奈川県で、以前は大学病院に勤務しておりました。

大学病院では、ご高齢の方が多く入院されている病棟で勤めてまいりましたが

皆様お膝などに痛みを抱えており、痛み止めの薬や湿布を使っても

時間が経てばまた痛みを感じる、といった場面を何度も体験しました😢

その時の私は、お膝の痛みに対しては痛み止めの薬やヒアルロン酸の注射を使う、

変形が進んで末期の状態になったら手術以外の選択肢がない、と思っていました。

 

そこで新たな治療として当院でご提案させていただいているのが、再生医療となります。

当院で行っている治療は

 

血液由来のPRP-FD治療

脂肪由来の培養幹細胞治療でございます。

 

どちらの治療も膝を切らず、入院の必要もないものであり、私自身はじめて知った時は驚きました。

 

 

体験者イメージ画像 女性

こちらは先日ご来院された患者様との写真です♪

変形性膝関節症に対して培養幹細胞治療を行い、

痛みが楽になり動きも良くなった」との

お言葉も聞かれました😄

 

膝のお悩みに関しては、皆様それぞれ違いますよね。

是非一度、そのお悩みを私共へご相談ください。