SCAFF天然関節治療

☆SCAFF治療 再生医療学会総会で発表してきました☆

こんにちは。

東京ひざ関節症クリニック長柄でございます😊

 

昨日、仙台でおこなわれました第16回 日本再生医療学会総会(The 16th Congress of the Japanese

 

Society forRegenerative Medicine)で当院の横田先生が、SCAFF治療について発表されました✨✨

 

 

セッションテーマは間葉系細胞(移植2)

 

演題名は【中期・末期の変形性膝関節症に対するSCAFF関節腔内投与療法の治療成績】です。

 

普段行っているSCAFF治療とゲストの皆様にお願いしている痛みの質問票のデータを統計処理し発表致

 

しました!

 

口演は1演題10分(発表7分、質疑3分)とポスターの5分の倍も時間をいただき、治療に対する期待度と

 

興味が比例しSCAFF治療の存在感が着実に増していることを実感しました!!

 

現在、各種臓器の発生過程を幹細胞を用いて再現させることにより、組織や臓器の再生を目指す「再生医

 

療」が注目されています!

 

細胞を医療用途で用いる際の、安全性や製造に関するガイドラインも整備が進められ、21世紀の新しい

 

医療と呼ばれるにふさわしい進歩を遂げています。

この度の学会発表を通じて これから幅広く再生医療の素晴らしさを広めていきたいと思っておりま

 

す!!

 

この日の為に熱心に取り組まれてきた横田先生を私達スタッフは傍で見守ってきましたので、発表が無事

 

に終わられて、横田先生への尊敬が増しました😊

 

そして、当院での治療を横田先生の論文を通じて自信をもってゲストの皆様にご提案させていただきたいと思います。

 

何より私達スタッフ一人一人が、当院の治療に対する一番のファンです😊

 

改めて、横田先生から今回の学会発表の感想をこちらのブログでお伝えいたしますので、こうご期待下さい♪

 

最先端の再生医療の治療について、詳しくお知りになりたい方は是非お問い合わせお待ち申し上げております。

 

ブログタグ