培養幹細胞治療

【ひざ関節症クリニック】ご受診に当たってよくあるご質問

こんにちは🌞

看護師の髙井です。

12月に入り、🎄クリスマス・年末🎍と近づいてきて

いよいよ2019年の終わりが見えてきましたね~

本日は、当院にご受診になるときにみなさまから頂くご質問をまとめさせていただきましたので、宜しければご覧ください。

 

東京ひざ関節症クリニック銀座院の受付

 

①今まで整形外科に通ってて、なかなか膝の痛み良くならなかったけど、それでも治療はできますか。

⇒これまで同じようにお困りになった方が、当院で治療されている方たくさんいらっしゃいます。

まずは膝の状態をMRIの画像診断をもとに診察させていただき、それにより当院の再生医療で治療できるのか医師の判断になります。

まずはこれまでの経過をお聞かせいただき診察でご相談いただければと思います。

 

②80歳代でも治療できますか。

⇒再生医療を受けていただくにあたっての年齢制限はございません。当院では90歳代のかたも治療されております。

 

③診察当日に治療はできるのですか。

⇒当院で提供させていただいているPRP-FD治療、培養幹細胞治療につきましては初めての診察当日にお膝への治療を受けることはできません。

PRP-FD治療は治療の元となる血液の採血を、

培養幹細胞治療につきましては、脂肪を採取させていただくための処置前の採血を受けていただくことができます。

しっかりと準備をさせて頂いてから、お膝の治療をしっかりとおこなって行きます。

早期の治療をご希望の際には、治療スケジュールの調節はできますので、ご相談ください。

 

④初めての診察の時に両膝診察してもらえますか。

⇒もちろん両膝の診察は可能です。

しかし、MRI撮影につきましては健康保険が使用できる関係上、1日1部位(片方のお膝)の撮影しかできません。

片方のお膝のMRIのみでも両膝の触診からしっかりと診察をさせて頂く事ができます。

もし、両膝のMRI画像診断をご希望でしたら、MRI撮影のみ2日間に分けて撮影予約頂ければ可能ですので、ご希望があればご相談下さい。

 

 

よく頂くご質問をご紹介させていただきました。

こちら以外の事でも、なにか疑問がある時にはご遠慮なくご相談ください。

それではまた、ごきげんよう(^^)♪