女性に変形性膝関節症が多い理由とは⁉️

寒さもひとしお身にしみる頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

こんにちは。

東京ひざ関節症クリニックの中田でございます。

 

本日は男性のゲスト様のご紹介です👨

変形性膝関節症を患う方の男女比は、1対4で女性に多く

見られるそうです。

なぜ女性に多く見られるのか???

それは重力が関係しています。

女性の方がもともと筋力が弱く、関節も浅いため、重力の負担を

大きく受けてしまいます。

その他にも性差による複数の原因が関連して、女性に多く見受けら

れる疾患となっています。

 

当院のゲスト様もどちらと言うと女性の方が多いですが、もちろん

男性ゲスト様もいらっしゃいます。

男性の方は、「ゴルフ🏌🏻に復帰したい!」、「山登りをしたい!」など

アクティブな目標が大変多いです。

具体的な目標を設定し、治療後のイメージを頭に描くことで、リハビリ

も取り組みやすく、結果も伴ってくると思います。

皆様、一緒に頑張りましょう^^

 

そんなゲスト様のお1人

しっかりリハビリにも取り組んでいただいています。

男性は内臓脂肪型の方が多く、皮下脂肪が少ないため、幹細胞治

療を行うにあたって必要な脂肪採取が難しいケースもありますので、

診察では必ず腹部の脂肪まで確認させていただいております。

「膝の診察でお腹まで見るの?」とびっくりされるかもしれませんが、

しっかり見ます!

なので、恥ずかしがらずに見せて下さいね~^^

 

今月も有難いことに、沢山のご予約をいただいております。

膝の疾患でお悩みの方の多さを痛感すると共に、今後とも少しでも

皆様のお力になれるような存在でありたいと思います。

今年こそは何かにチャレンジしたいと思っている皆様、是非ご来院

下さい。

当院の治療がお役に立てれば幸いです❤️

ブログタグ