ひざが痛い原因

新しい変形性膝関節症治療法の可能性

第30回 日本整形外科学会基礎学術集会から、興味深い題材を紹介しています。

 

本日、ご紹介するのは、この演題です。

 

題名 :Prg4/lubricinによる新たな変形性関節症治療法の可能性

 

発表者 :小川寛恭先生(岐阜大学)

 

Prg4/lubricinは滑膜細胞や軟骨細胞から分泌される物質です。

 

ラットの関節に、この物質を注入したところ、関節の変形が抑えられたという研究が以前にあったそうです。

 

しかし、Prg4/lubricinは扱いが難しく、なかなか使えない状況だったとのことです。

 

細胞からPrg4/lubricinが分泌する量を増やす方法が分かれば、変形を抑制する治療として応用できる可能性があります。

 

この演題では、運動刺激がPrg4/lubricinの分泌を促進する可能性があることを示してくれました。

 

一言で「運動」と言っても、その効果は様々です。

 

運動自体が、再生医療の様に働いてくれる可能性もあります。

 

今まで以上に、しっかりとしたリハビリテーションが重要になっていくのだと感じました。

ブログタグ
, , ,