梅雨と膝の痛みについて

こんにちは!

コンシェルジュの朝倉です。

東京は梅雨入りしましたね!今年はまだまだ雨の日が少ないので、梅雨入りした!という感じがしませんが・・・。

今日は、梅雨の時期と膝の痛みについてお話させていただきます。

梅雨の時期になると関節痛がとてもつらいという声をよく聞きます(>_<)

「なんだか膝が痛むな~・・・

これから雨が降るのかも?」

関節の痛みが出てくると、天気の悪化・変化を予測できたりしますね!

私自身も以前、スノーボードで転倒して手首にヒビが入ってしまったことがあり、

完治はしているのですが、今でも雨の日になると軋む感じがします。

 

なぜ梅雨時期になると関節痛が起こりやすくなるのでしょうか?

その主な理由は以下の3つ。

「気温」「湿度」「気圧」

環境が変化すると、身体がそれに対応しようとし、自律神経に変化が生じ関節痛が起こると言われています。

 

痛みを軽減する為には運動をするのが一番!!!

ですが、雨の日に運動をするのはなかなか難しいですし、

それに梅雨に入ると気分が落ち込む〜とか、何だか体が重くてダルい〜と感じ、

なかなか運動する気にはならないと思います(>_<)

 

そんな時は無理をせずゆっくりお風呂に浸かること!

これだけでもだいぶ血行はよくなり、痛みが少なくなります。痛みを感じる部位をゆっくりとお風呂でほぐすと更に効果があります。

また、お風呂上りにストレッチをすれば血行のめぐりが更によくなるのでおすすめです。

季節の変わり目にお膝の痛みで悩んでいる方は、ぜひ実践してみてください!

それでも痛みが治まらない方は是非、当院へご相談くださいヽ(^o^)丿

ブログタグ