ひざが痛い原因

海藻で軟骨治療?

第30回 日本整形外科学会基礎学術集会から、興味深い題材を紹介しています。

 

本日、ご紹介するのは、この演題です。

 

題名 :高純度アルギン酸ゲルを併用した骨髄刺激法の効果-家兎骨軟骨欠損モデルを用いて-

 

発表者 :馬場力哉先生(北海道大学)等

 

アルギン酸は海藻などに含まれる成分で、ネバネバ成分などとも呼ばれるものです。

 

このアルギン酸には、幹細胞などの未分化な細胞を軟骨に分化させる効果があることが知られています。

 

そのアルギン酸と骨髄刺激法とを組み合わせた結果についての演題です。

 

骨髄刺激法は、損傷を受けた軟骨近くの骨に穴を開けて、その骨髄からしみだしてくる細胞(幹細胞など)によって軟骨が修復されることを期待する治療法です。

 

その治療法とアルギン酸を組み合わせて、どのようになるかを研究されたそうです。

 

この組み合わせで治療を行った結果、軟骨の修復が促進されて、また正常に近い状態の軟骨ができたとのことです。

 

今までは、骨髄刺激法では、正常に近い状態の軟骨を作ることも難しかったために、とても画期的な内容だと思います。

 

当院で行っているSVF治療に、アルギン酸を組み合わせることで、より軟骨修復が促進されるのではないかとも思いました。

 

アルギン酸は食品添加物しても使われる成分ですので、アルギン酸をもって有効活用していきたいものです。

ブログタグ
, ,