第18回【日本再生医療学会】報告②

おはようございます。

東京はあいにくの雨です。

新緑が青々と茂って、少し薄暗いビルの間に水色の空が少し除いています。

しとしと降る雨も、落ち着く感じがして割と好きです。

 

令和の初投稿、

元気に投稿したいと思います。

 

テーマは再生医療学会発表の続きです。

当グループの横田直正医師(新宿院院長)が発表した内容を説明いたします。

【変形性膝関節症に対するPRP-FD注射の治療成績は変形の程度に比例する】

対象は2016年7月から当グループでPRP-FD治療を受け6か月以上経過観察を終えた症例とし、2018年7月時点でretrospekutiveにKOOS(アンケート)データを抽出し、kellgren-Lawrence(KL)分類ごとの治療成績を算出しました。

6か月以上で抽出された症例は135例185膝であり、

背景因子は平均年齢67.1歳、BMI23.4、罹病期間6.5年でした。

KL class1が4例、KL class2が48例、KLclass3 が64例、KL3  class4が19例であり、KOOSの最高値はKL class1~3は12か月以上経過後でした。KL-class4は12か月以上では効果減弱がみられました。全てのclassのKOOS値はKL分類の程度に比例しており、全てのクラスでP<0.05の有意差がありました。

 

以上より、お膝の状態が軽度で治療するほど効果と、持続期間がよいと言えます。出来るだけ早い段階での治療が効果的であると言えます。

お膝は痛いけど日常生活できているからまだ大丈夫、と思わずに

早めに状況を確認しておくことが必要ですね。

 

といっても、現実的には

当院の患者様はかなり悪くなってからいらっしゃる方が多いです。

そのまま掘っておけばさらに悪化するのは確実ですので、何かしらのメンテナンスをすることをお勧めします。場合によっては人工関節をお勧めすることもあります。

 

お膝の痛みを抱えていらっしゃる方、まず、一度ご連絡くださいね。お待ちしています。

 

ブログタグ

服部 麻倫

【執筆者】服部 麻倫

東京ひざ関節症クリニック銀座院 院長。一般整形からスポーツ整形まで、前職では幅広く診療した経験を持つ整形外科専門医。中学生野球チームを対象にしたメディカルチェックは、現在も欠かさず行っている。

<所属学会>日本整形外科学会

<資格>医師免許(医籍登録番号421466)/日本整形外科学会認定専門医/日本整形外科学会認定リウマチ医/日本体育協会認定スポーツドクター