ひざ痛クリニック情報

細胞を使わなくても軟骨は修復できるのか

第30回 日本整形外科学会基礎学術集会から、興味深い題材を紹介しています。

 

 

本日、ご紹介するのは、この演題です。

 

題名 :イヌ骨軟骨欠損における高純度アルギン酸ゲルを用いた無細胞移植治療の軟骨修復効果の検討

 

発表者 :小野寺智洋先生(北海道大学)等

 

 

以前にも書かせていただいた、アルギン酸に関連した演題です。

 

この演題では、細胞を使わず、アルギン酸だけで、軟骨が修復したという内容になっています。

 

しかも、質の良い軟骨で修復されたそうです。

 

食用のアルギン酸は300gで3000円程度のようなので、治療用に作ったとしても、それ程高価にはならないのかもしれません。

 

ゲル化したものを注射で注入できるのであれば、利便性は高くなると思います。

 

この研究は、犬を使った研究なので、すぐに人で使うという訳にはいかないと思いますが、将来、アルギン酸を使って治療をする日が来るのかもしれません。

ブログタグ