ひざ痛の治療

組織を再生するに必要な要素

再生医療において、体の中で組織が作られるには、3つの物が重要だと言われています。

 

① 細胞

② 足場

③ 液性成分

 

この3つが揃って、初めて組織が作られると言われています。

 

つまり、細胞だけでも、足場だけでも、液性成分だけでも組織は正しく作られない可能性があるということです。

 

組織が正しく作られなければ、機能が回復することはありません。

 

細胞だけでは、大きな立体構造を作ることはできません。

足場と細胞が組み合わさった、強固な立体構造ができます。

その立体構造を成長させていくためには、液性成分が不可欠です。

 

このように、組織を作っていくためには、3つの要素が必要不可欠なのです。

 

治療のためにこの3つの要素を取りそろえることは難しいと言われていました。

しかし、脂肪組織を加工することで、比較的容易に3つの要素をそろえることができることが判明しました。

その3つの要素を取りそろえたものを使って行う治療が、当院(東京ひざ関節症クリニック)で行っているSCAFF天然関節治療です。