脚のアライメントは重要です

こんにちは!

本日は佐々木が担当します!

当院では、膝の治療後により早く膝の状態を良く出来るようにリハビリを行ってます。

ここでは一人一人の原因を考えながら、サポートしています。

その中でも膝のみではなく膝含め脚全体のアライメントがかなり重要です。

変形性膝関節症で大きな原因となるのは、足の形がO脚であることです。

日本人の靱帯の位置や筋肉の走っている方向などに特徴があるため、O脚になりやすいと言われています。

O脚の状態は、どうしても膝の内側に負担がかかります。O脚は自然には治りませんから、この状態が長く続くことになり、関節軟骨は部分的にすり減り、骨どうしはこすれ合う状態になってしまいます。

さて、簡単にできるO脚のチェックをしてみましょう!

やり方はまず左右のかかとの間をこぶし1つ分空けます。

つま先は、左右の人差し指が15度ほど開くように外向きにします。

この状態で姿勢を正し、正面を向きながらひざを曲げ、ひざの動きをチェックします。

その際に、膝が正面向いていたら正常。

 

 

膝が外側向いていたら、O脚

 

膝が内側向いていたら、X脚

です。それぞれの状態によってアプローチ方法が変わっていきます。

膝だけでなく全体的な、脚のアライメントも確認しながらリハビリを行い膝の治療効果を

高められるようにサポートできればと思ってます。

是非、リハビリを受けて頂ければと思います。

 

ブログタグ