膝痛のセルフケア♪

こんにちは!

東京ひざ関節症クリニック、メディカルトレーナーの下倉です(#^.^#)

今年は初日の出もしっかり見て拝んできました(^^)

 

 

クリニックも始動しまして、私も仕事モードです

今年も宜しくお願いします!

 

そしてさっそく、年明けから膝の痛みで多くのお問い合わせがありました

 

 

 

 

 

膝に起こってしまった疾患は結果です

痛みは我慢も出来ますし、時間があけばその時は痛みも軽減したりもしますが、

まず起きてしまったことには早期発見・早期治療が必要となります

 

治療するかしないかは決断が必要ですが、

まずはご相談からでもお気軽にお電話下さい

 

 

 

ちなみに、膝に多い疾患としては

●変形性膝関節症

(軟骨の擦り減り、骨の変性など)

 

●半月板損傷

(半月板の断裂など)

 

が挙げられます!

治療前から治療後まで当院スタッフ全員でサポートさせていただきますね

 

 

そして、治療が終わったからといって、終了ではありません

では、なぜ膝に疾患を持ってしまったのか?そこが大事ですよね?

 

 

クリニックでは治療を終えた方が、アフターのケアとしてリハビリも併用されてる方もいます

疾患にはその原因となる要素(障害)があります

 

その中でも多い要素は、

①関節可動域制限

②筋力低下

③歩行問題     などですね

 

 

①の問題、簡単に言うと膝の曲げ伸ばしに問題があることです

リハビリ中にも良く聞かれることがあります!

 

それは、「家ではどんなことをすればいいですか?という一言です

 

この①の問題には【筋肉】の影響がひとつ考えられます

この筋肉へのセルフケアはお勧めのものがあるので、そちらをご紹介致します

 

 

用意するのもは!

《テニスボール》です

 

※膝以外にも使えて結構便利ですよ

 

 

 

 

このテニスボールをですね・・・

曲げた膝の間に挟めるだけです!

 

 画像はネット引用

 

これを、一回に15秒~30秒挟みます

挟む強さは痛気持ちいいぐらいでいいですよ

 

これを一日に3回ほどに分けて繰り返してください

※逆に痛くなる方は無理に行わないで下さい

 

 

 

お家でも出来ることは今からでも出来ます

ただ、これは一時の対処です

 

治療を終え、予防となるケアでもあります

 

まずは早期発見・早期治療です

 

2017年の目標に健康!!!!! 是非掲げてください(^O^)

ブログタグ