ひざが痛い原因

軟骨と骨の違い

軟骨と骨は、近くにありますが、だいぶ性質が異なっています。

軟骨は関節の表面にあり、関節がスムースに動くために役立っています。

コンドロイチン硫酸やプロテオグリカンなどが多く含まれていて、水分をたくさん含んでいます。

この水分が、関節がスムースに動く理由だと言われています。

成長線と言われる場所も、実は軟骨です。

軟骨から骨を作っている場所になります。

骨は体の立体構造をつくるもので、軟骨は通常、骨の表面に張り付いています。

カルシウムやコラーゲンを多く含んでいます。

骨の中には骨髄があり、そこでは血液などが作られています。

幹細胞も含まれています。