ひざ痛の予防・リハビリ

軟骨健診

軟骨の健診が出来たら良いと思いませんか?

最近、国を挙げて「先制医療」を目指しています。
先制医療とは、早期に病気の芽を発見して治療を行い、症状を出さないようにしたり、重症化しないようにする医療のことです。

変形性膝関節症では、通常、痛みが出てから治療を始めます。
そのため、どうしても痛みが引きにくいことが多いです。

軟骨が傷み始めた早い段階で治療を行えば、軟骨が修復しやすいことは分かっています。
軟骨の健診ができれば、軟骨が傷み始めたタイミングを見つけられる可能性があります。

この方法を使えば、軟骨健診が可能になるかもしれません。

MRIを使った方法ですが、取り方を工夫し、解析ソフトを使うことで、軟骨の状態を把握することができます。
軟骨の「質」を調べる事ができるのです。

しかも、MRI検査なので、痛くありません!

軟骨健診として確立して欲しい技術の1つです。

◆参考文献
Shiomi, Toshiyuki, et al. “Influence of knee positions on T2, T* 2, and dGEMRIC mapping in porcine knee cartilage.” Magnetic Resonance in Medicine 64.3 (2010): 707-714.