変形性膝関節症

変形性膝関節症を予防する関節の炎症抑制法

変形性膝関節症を予防する方法として、関節の中の炎症をコントロールすることはとても重要になります。

 

炎症を抑える一番簡単な方法は飲み薬や湿布です。

 

消炎鎮痛薬や湿布の中には、炎症を抑える成分が含まれています。

 

ですので、痛みを感じた時にすぐに消炎鎮痛薬を使えば、炎症を管理することができます。

 

痛みを感じた初期の方が炎症の程度も軽いですので、薬の効果も出やすいです。

 

以上の事から、

 

「軽い痛みを感じた時点で、短期間、薬を使う」

 

ことをお勧めしたいと思います。

 

ただし、消炎鎮痛薬は、長期間連続で使う事で、心臓や血管にダメージを与える可能性があると言われていますので、漫然と使う事はお勧めできません。

 

タイミングをみて、集中的に使い、短期間で終了させる事をお勧めします。

 

手元に薬がないときは、冷やすだけでも効果が出ます。

 

炎症反応は温度によっても抑え込まれますので、痛みを感じた時にはアイシングも有効です。

 

逆に、炎症が起きている時に温めたり、血行が良くなることをすると、炎症は強くなります。

 

入浴、サウナ、飲酒、運動・・・などは炎症を強くしますので、ご注意ください。

ブログタグ
, , ,