ひざ痛の治療

魚コラーゲン

第14回日本再生医療学会で発表された演題で、興味深い内容の発表がありましたので、報告したいと思います。

学会の初日、3月19日に発表された演題です。

題名は「魚(テラピア)うろこ由来コラーゲンによるヒト間葉系幹細胞の軟骨分化誘導」

発表者は産業技術総合研究所 の許漢修さん達です。

内容を要約すると「魚のうろこから取ったコラーゲンを使って幹細胞を培養すると軟骨ができた」ということになります。

もちろん、このコラーゲンだけで幹細胞が軟骨になる訳ではありません。

今まで行われていたように、幹細胞を軟骨に変化させる薬を加えるのですが、その際、豚のコラーゲンよりも軟骨になりやすかったという内容でした。

魚は人と共通の感染症がとても少なく、安全性が高いと言われています。

もしかしたら、このコラーゲンと幹細胞とを混ぜて関節に注入したら、軟骨修復が進むのではないかと空想しています。

ブログタグ
, , , ,