診療時間のご案内

O脚とX脚

こんにちは(^^♪

診療放射線技師の前川です😄

 

今日はO脚、X脚についてお話します(*^-^*)

どちらも、下肢の形態的異常のことです。
O脚(内反膝とも言われる)とは、両膝が外側に彎曲した状態で、左右の内くるぶし(足関節内果部)をそろえても、左右の膝の内側(大腿骨内果部)が接しないものです。
X脚(外反膝とも言われる)とは、両膝が内側に彎曲した状態で、左右の膝の内側(大腿骨内果部)をそろえても、左右の内くるぶし(足関節内果部)が接しないものをいいます。

 

文字でを見てもいまいちイメージできないですよね、、、

画像だとこんな感じになります!!

 

日本人はO脚が多いといわれています。特に日本人女性は8割がO脚に悩んでいると言われてます。

理由は諸説ありますが、家屋で靴を履かない文化や内股で歩く人が多いことなどが原因と言われています。

 


O脚やX脚は見た目の問題だけではなく、健康にも悪影響を及ぼすものですから、早めにし診察し、対策することが必要です。

痛みがないからと言って、放置し歳を重ねると、膝の痛みがでて、変形性膝関節症になります。

治療が遅いと人工関節置換術という手術をしなければなりません。。。

 

O脚の膝では内側の軟骨がすり減りやすく、内側の痛みや違和感が出てきます。

些細な違和感でも早期発見し対策していく必要があります。


 

当院ではMRIとレントゲンによってを用いて診断をしています。

立った状態でのレントゲン撮影でO脚、X脚の度合いも調べることができます。

 

 

 

当院では手術を必要とせず、痛みを改善する治療を提供しております。

 

もし膝の、痛み、違和感などありましたら、些細なことでも相談お待ちしております(*^-^*)

治療の内容が知りたいだけでも構いません。

膝の状態を詳しく診て最善の治療を提供させて頂きます。

その他、ご質問や診察のご予約希望はこちらまで☟

フリーダイヤル:0120-013-712🏥