東京ひざ関節症クリニックより

~MRI 膝軟骨診断~

皆さん、こんにちは(^^)/

診療放射線技師の前川です😊

 

本日はMRIのひざ軟骨診断についてのお話です!!


 

膝の痛みの原因は様々ありますが、その多くは軟骨の擦り減りと言われています。

膝軟骨が擦り減り、大腿骨(ふとももの骨)と脛骨(脛の骨)がぶつかり合い、痛みが生じます。。

まずは自身の状態を知ることが大事です。

 

 

膝軟骨の状態が分かる方法は、関節鏡(手術)かMRI撮影しかありません。

※レントゲンでは膝関節の間隙(すきま)はわかるが軟骨の状態はわかりません・・・

 

となると、MRI撮影が現実的ですね!(^^)!

 

当院ではMRIとレントゲンの両方の画像を用いて膝関節の状態を詳しく診断しております。

 

更にMRIを最新技術で解析し 膝軟骨の3D画像 を作成し軟骨の厚さ状態など

誰でも簡単に分かるような画像を使用しております。

ちなみに、この画像が見れるのは、全国でもほんの数施設しかありません。

 

当院では治療後にMRIを再び撮って頂くことで、治療前と治療後の

膝軟骨の変化を3D画像で見て頂くこともできます!!

 

痛みや、違和感あある方は自身の膝軟骨を一度3Dでみてみませんか?

 


 

更に最近では

膝軟骨だけでなく、半月板までも3D画像でお見せしております。

半月板の状態までもとてもわかりやすいです。

 

診療放射線技師の私もこの技術には驚いております( ゚Д゚)

 

 

膝に痛みや違和感を抱えている方は一度

膝軟骨の状態だけでも調べてみてはいかがでしょうか?

 

些細なことでも相談お待ちしております(*^-^*)

膝の状態を詳しく診て最善の治療を提供させて頂きます。

 

その他、ご質問や診察のご予約希望はこちらまで☟

フリーダイヤル:0120-013-712🏥