ひざ痛の治療

PRP(多血小板血漿)と神経

第30回 日本整形外科学会基礎学術集会から、興味深い題材を紹介しています。

本日、ご紹介するのは、この演題です。

題名 :ラット末梢神経損傷モデルに対する多血小板血漿platelet rich plasma(PRP)由来PDGFの末梢神経再生作用の検討

発表者 :木下英幸先生(千葉大学)等

この発表もPRPに関連した発表です。

ここ数年でようやくPRPについての発表が増えてきたように思います。

私がPRP治療を始めた2010年頃は、日本では整形外科疾患の治療に使っている人は、本当に僅かでした。

PRPのことを、もっと多くの人に知ってもらえたらと思います。

この発表では、神経のダメージにもPRPが有効なのではないかということを示してくれています。

PRPに含まれる血小板由来成長因子(Platelet-derived growth factor:PDGF)が、末梢神経のダメージを修復してくれる可能性があるとのことです。

神経のダメージは、なかなか回復してくれません。

PRPを注入することで、神経のダメージも回復できる可能性があるのであれば、とても有効な治療法になると思います。