【培養幹細胞治療】脂肪とるのは怖い?痛い?

こんにちは!

看護師の山本です(^^)/

 

本日は当院の治療【培養幹細胞治療】についてお話しさせていただこうと思います♪

培養幹細胞治療はご本人様の皮下脂肪を材料としています。

取った皮下脂肪の中から脂肪幹細胞のみを取り出し、それを培養しています✨

培養が完了し、膝へ注射する日に届いた幹細胞がこちらです!

届いた時はまだ冷凍されている状態ですが、ご本人様が到着されて注射する直前に解凍しています。

1本あたりに500万個もの幹細胞が入っています✨

片膝に2本お入れするので、あわせて1,000万個の幹細胞が入ります😳

幹細胞は細胞の赤ちゃんのようなものなので、効果が出るまでに2~3ヶ月くらいじわじわとかかりますが、痛み止めを飲んだり貼ったりするものとは作用が全く異なります。

幹細胞治療についての詳細はぜひ一度当院のカウンセリングを聞きにいらしてくださいね🤗

 

幹細胞治療についてよく質問を受けるのが、

「脂肪を採るのって痛くないの?」「結構大掛かりなの?」

と不安の声を伺います。

 

ですが、ご安心ください(^^)

治療に必要な脂肪の量はほんの20mlで、おちょこ1杯分ほどの量となります🍶

なので、処置自体は10~15分ほどで終了いたします👍

脂肪はほとんどの方が下腹部から採らせていただきます。お傷は5mm前後のとても小さなものです。

処置中も局所麻酔なので、側に立っている看護師とお話しをしながら処置が進んでいきます。

看護師と話をしているうちにいつのまにか処置が終わっているというイメージです♪

痛みもほとんどありません!

歯医者での局所麻酔と同じように初めのチクッはどうしてもありますが、

その後の処置は違和感程度でほとんどの方が「なんともなかったです」「もう終わったんですか?」と仰います(^^)

患者様が痛みや不安のないように配慮して医師、看護師が担当させていただきますので、

ご希望やご質問などなんでもお申し付けくださいませ❣