寒くなる前に!【膝の再生医療】

 

こんにちは。

看護師の山本でございます😊

 

皆さま、寒くなると関節の痛みが強くなりませんか?

冬にひざが痛くなるというのは、関節の冷えによって筋肉や軟骨が硬くなることが関係していると言われています。寒さによってひざが痛むというのは“変形性関節症”の方によく聞かれる症状です。

今、治療を開始すると今年の冬は楽に過ごせる可能性があります!

培養幹細胞を注入すると、幹細胞が関節の中で傷ついた組織の修復を促します。しかし、ステロイド注射や痛み止めの飲み薬等と違い即効性があるものでは無いのです。

よく皆様から、いつ頃から効果を実感できるの?いつまで効果が続くの?と聞かれます。

注射をしたら次の日には魔法がかかったように、痛みがなくなる期待をもっていらっしゃる方もいます。

しかし、培養幹細胞治療PRP-FD治療は、日を増すごとに関節の中の炎症を抑えながら痛みを改善していく治療です✨

 

当院では治療注入から半年ほど様子を見ながら経過診察を行っております。

効果の出方には個人差がありますが、だいたい注入後1ヶ月後からじわじわと実感が出てきます。

鋭い痛みが少しずつ和らぎ、水の溜まりや熱感なども少しずつ減少してきます。

注入後3カ月ほど経過すると、周囲の方から歩き方が良くなったね、など声をかけられたり、

膝の曲げ伸ばしが改善したり、普段の生活中で、「あらっ!痛みを感じなくなってきてる」とご自身でも変化の実感が分かるようになってくるというご意見を頂くことが多いです。

 

今月にカウンセリング、治療スタートとなりますと、培養期間に6週間頂きますので、注入が大体10月~11月となります。

そうすると、効果の実感としては12月くらいには徐々に感じて頂けるはずです😃🎵

今年からはお膝の痛み・悩みから解放される冬を送りませんか?

治療をはじめる絶好のタイミングですよ(*^^*)✨

お膝の状態は人それぞれ違いますので、まずは相談からいつでもお待ち申し上げております★