膝痛のある方必見!【PRP-FD治療】血小板のチカラ✨

こんにちは。

看護師の山本です👧

 

あっという間に今年も10月ですね🎃❕

あと3ヶ月で2017年が終わるだなんて・・・は、はやいです😵

 

これからだんだんと寒くなってくると、

お膝の痛みがある方はつらい季節になってきますね😖🍂

お膝が冷えないように、お風呂の時には湯船でゆっくり温まってくださいね♨

 

 

 

 

さて、ここしばらくはセルソース培養幹細胞治療についてのブログが多かったので、

本日はPRP-FD治療について書いてみようと思います(^^)🎵

 

 

 

セルソース培養幹細胞治療SCAFF天然関節治療SVF幹細胞治療

お腹の皮下脂肪の中に含まれている【幹細胞】を材料とするのに対し、

 

 

 

PRP-FD治療は血液の中の【血小板】を材料としています👆

 

 

 

 

 

【血小板】とはどんな働きをしているのでしょうか?

 

【血小板】をお膝に注入すると何がいいのでしょうか?

 

 

 

 

 

血小板のはたらき

血小板は血液の中に含まれる細胞で、白血球や赤血球と並ぶ第3の血球です。

血小板は主に血を止めるはたらきをしています。

ケガをしたら傷口から血が出ますよね。

よほど大きな傷でなければ、その出血は自然と止まるはずです。

血管が傷つくと、そこに血小板が集合して傷口をふさぎ、止血してくれているのです💡

 

 

しかし、血小板のはたらきは単に「血を止める」だけではありません。

なんと「傷を治す」ちからもあるんです✨

 

 

血小板は傷を治すとき【成長因子】という成分を豊富に放出します。

その成長因子は、

「創傷治癒」

「組織の修復」

「コラーゲン産生」  など、様々な作用をもっています。

 

 

 

 

膝に注入することで何がいいのか?

では、その血小板の成分をお膝に入れるとどうなるのでしょうか?

 

変形性膝関節症では軟骨が擦り減っていたり、半月板が損傷している場合が多く見受けられます。

そうするとお膝のクッションがきかなくなり、ダイレクトに衝撃が加わってしまうので、お痛みが出てしまいます⚡⚡⚡

 

そこに血小板の成分を濃縮したPRP-FDをお膝の関節内に注入すると💉

この傷ついた半月板や軟骨を治そうと

血小板の自然治癒力がはたらくのです✨✨✨

 

血小板に豊富に含まれている成長因子が

お膝の中の傷ついた部分を治そうと活性化し

半月板や軟骨を修復してくれます✨✨✨

 

 

ご本人の血液を使って治療しますので

アレルギーを起こす心配はありません!

 

普段病院でおこなっている採血と同じように

腕から50ml程度採血するだけで

あとはこちらで加工してお膝に注入するのみ💉

なので、身体の負担がとても少ない治療です✨

 

日帰りの治療ですので

入院の必要ももちろんありません!

 

 

膝の痛みが徐々に強くなっている...

ヒアルロン酸注射が効かない...

手術は恐い...

 

 

という方には、ぜひ当院の再生医療をご提案させて頂きたいです。

初診ではお膝のMRI画像を参考にしながら診察させて頂き

医師、看護師、コンシェルジュ、トレーナーで

みなさまに合った治療や、サポートをさせていただきます💝

 

 

 

 

 

ぜひ一度当院へお越しください🎵

 

お問い合わせもお待ちいたしております🎵