そのお膝の痛み【変形性膝関節症】かもしれません

こんにちは(^^)

本日、ブログを担当致します、看護師弓削です。

少しずつ暖かい日も増えてきてはいますが、まだまだ服装選びに迷っております。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

日常生活や運動時に支障をきたすお膝の痛み。

若くても膝が痛いと訴える方もいらっしゃいますが、やはり多いのは中高年の方かと思います。

周りの方で頻繁に「膝が痛い・・・」と訴えられている方がいらっしゃいませんか?

中高年(40歳以降)の6割以上の方が「膝に何らかの痛みを感じている」というデータもあり、

その多くが病院で治療をせず、痛みを我慢されているようです。

 

膝関節の痛みの大きな原因は、関節をスムーズに動かす役目をしている軟骨のダメージによるものです。

軟骨が破壊され、膝に痛みや動作の筆禍り感が生じる状態を【変形性膝関節症】といいます。

軟骨の破壊以外にもリウマチや痛風、スポーツでの怪我や事故による外傷なども要因になることがあります。

 

加齢に伴い発症しやすい疾患ですが、適切な治療で進行を最小限に抑えて症状の改善を見込むことが可能です。

初期の変形性膝関節症は安静にしていると痛みが治まることが多いですが、膝の組織が治っているわけではありません。

 

少しでも痛みに悩まされていましたら、ぜひ一度ご相談ください(^^)/