変形性膝関節症

関節にかかる負担を減らす方法

変形性膝関節症の予防をするためには、膝関節にかかる負担を減らす必要があります。

 

負担が多いと、それだけで軟骨を分解する酵素がでてきてしまい、関節の軟骨をどんどん分解していってしまう可能性があります。

 

ですから、膝関節にかかる負担を減らす必要があります。

 

膝関節の負担を増やす要素としては

 

① 体重の増加

 

② 筋力の低下

 

③ 柔軟性の低下

 

④ バランスの低下

 

体重が増えた時に、真っ先に負担が増える先が膝関節だと言われています。

 

筋力、特に太ももの筋力が低下すると膝関節への負担が増えると言われています。

 

柔軟性が低下すると、動きのスムースさが低下するため、関節への負担が増えます。

 

バランスが低下すると、歩く時に膝関節に余分な負担がかかります。

 

これらは、どれもトレーニングで改善することができます。

 

逆に、トレーニングをしなければ、どんどん進行してしまう可能性もあります。

 

日々を楽しく過ごしていくためには、少しばかりの努力は必要です。

 

ただし、頑張り過ぎも良くありません。

 

頑張り過ぎると、大抵、継続できなくなってしまいます。

 

関節を守るためには、短期集中ではなく、長期継続が重要です。

 

日常生活に、上手くトレーニングを組み込めると良いと思います。