11月13日今日は【いい膝の日】 グッディー

こんにちは。

整形外科 服部です。

 

今日は「いい膝の日」ですね。

クリニックでもそんな話題になっていましたところ、

お昼の情報番組「グッディー(フジテレビ)」から取材の依頼が。

何でも「今日は何の日?」というコーナーで

まさに「いい膝の日」ということで

どんな膝がいい膝か、大切なことなど意見をお伝えしましたよ。

皆様もご存知かもしれませんが、ほんの一瞬のワンポイントコーナーみたいな感じのあのコーナーです。

お時間がありましたら、ぜひ見てみてください。

 

さていい「膝とはどんな膝?」と取材できかれましたが~

色々な角度からの答えが考えられますから一言では難しいですね。

 

お膝をみるとき、下肢アライメントが一つの指標になります。

膝を伸ばした状態で正面から見たときに、大腿骨と脛骨の長軸のなす大腿脛骨角は

正常膝では約176°で軽度の外反を呈します。

また、大腿骨頭中心から足関節中心を結ぶ下肢機能軸は立位での下肢荷重線を表し、

正常では膝関節のほぼ中央を通過します。

これがいい膝の一つの指標です。

 

例えば180度以上では内反膝、165度以下では外反膝となり

年齢と共に半月板が変性し、弾力がなくなって、つぶれてきてしまい

内側、外側どちらかがより高度に変形することで下肢アライメントの変化が出てきます。

 

当院の治療ではアライメントを改善させますよとはうたっておりませんが、

治療によりO脚のあしがすっきりして見えることがあります。

膝の痛みが改善することにより、歩行姿勢も良くなりご家族の方にも上記のようなご評価を頂くことがあります。

身近な方からこんな風におっしゃっていただけるととても嬉しいですね。

 

私たちもそんな言葉を励みに頑張っています。

日に日に寒さが増しているように感じますが、

皆様もお体大事にされてくださいね。

 

では、また。

ごきげんよう。

ブログタグ

服部 麻倫

【執筆者】服部 麻倫

東京ひざ関節症クリニック銀座院 院長。一般整形からスポーツ整形まで、前職では幅広く診療した経験を持つ整形外科専門医。中学生野球チームを対象にしたメディカルチェックは、現在も欠かさず行っている。

<所属学会>日本整形外科学会

<資格>医師免許(医籍登録番号421466)/日本整形外科学会認定専門医/日本整形外科学会認定リウマチ医/日本体育協会認定スポーツドクター