【変形性膝関節症のグレード分類】治療に必要な取捨選択とは?

こんにちは。

整形外科の服部です。

 

今日は昨日より少し暖かいのでしょうか?

皆様、いかがですか?

お膝がお辛い方は(慢性的な痛みの場合は)お膝を冷やさないことが大事ですが、

からだ全体を温かく保つために足首を温める事をお勧めしています。

 

ファッション誌などみると、「くび(首、手首、足首)を出してこなれ感を!」なんてありますが、

いえいえ私は無理です~。

膝の痛いあなた!も無理をしないでくださいね。

足首を出して、しかもヒールを履くなんて絶対やめてくださいね~。

 

さて、本日は変形性膝関節症のグレード分類について説明したいと思います。

 

変形性膝関節症では4段階のグレード分類が診断に使われます

よく患者さまに聞かれる内容です。

「グレード分類で言うと3と言われたのですが、それはどういうことでしょうか?」などですね。

 

変形性膝関節症のステージ診断基準「K-L分類」

一般的に使われるステージ分類が変形性膝関節症のKellgren-Lawrence分類(グレードⅠ~Ⅳ)です。

これは膝関節の単純X線撮影(レントゲン写真)をもとに判断します。

簡単に説明するとこんな感じです。

変形性膝関節症のステージ分類

グレードⅠ:微小な骨棘がうたがわれる

グレードⅡ:微小な骨棘あり、関節裂隙の狭小化あり(関節裂隙が1/2以上残っている)

グレードⅢ:骨棘あり、関節裂隙の狭小化あり(関節裂隙が1/2以下)

グレードⅣ:大きな骨棘、著明な関節裂隙の狭小化

(手書きでごめんなさい)

 

変形性膝関節症のグレード分類は取捨選択のための目安

そう、変形性膝関節症のグレード分類は結構アバウトなんです。

そしてグレード3の幅がかなり広いのです。

本来は診察と検査から得られるすべての状態を点数化してグレード分けできれば良いのですが、

簡便でなければ現実的ではないというところで

今でも使われることが多いのがこの分類です。

ですから、分類がすべてではなく、これに一喜一憂する必要もありません。

大切なのは、目標の状態に対して今の膝の状態を知り、

何をするべきか?どうしていきたいか?を考え、取捨選択していくことだと思います。

 

厳しい天候でも無理をされないようお過ごしください

明日からまた⛄?

雪が降るときれいでなんだかワクワクもしますが、交通障害ほか色々な影響が出る為

子供のころのように声を大にして「⛄たくさん降ってほしいな」とは思えないところが少し寂しいです。

皆さまにも、厳しい天候の中でも無理をされず平穏に生活していただきたいと願っています。

 

それでは、また。

ごきげんよう。

 

服部 麻倫

【執筆者】服部 麻倫

東京ひざ関節症クリニック銀座院 院長。一般整形からスポーツ整形まで、前職では幅広く診療した経験を持つ整形外科専門医。中学生野球チームを対象にしたメディカルチェックは、現在も欠かさず行っている。

<所属学会>日本整形外科学会

<資格>医師免許(医籍登録番号421466)/日本整形外科学会認定専門医/日本整形外科学会認定リウマチ医/日本体育協会認定スポーツドクター