培養幹細胞治療

【膝痛必見】変形性膝関節症の治療

こんにちは。

東京ひざ関節症クリニック長柄でございます😊

 

本日は当院でおこなっております培養幹細胞治療をご案内いたします✨

 

ASC(脂肪由来間葉系幹細胞)

 

ASC(Adipose-derived stromal/stem cell)とは?

 

脂肪組織に存在し、様々な細胞に分化する多能性を有する幹細胞様細胞です。脂肪組織の消化により得られるSVF(Storomal vascular fraction)を体外培養することで、幹細胞様細胞のみ得ることができます!

変形性膝関節症に対する培養幹細胞治療には、疼痛の軽減など臨床試験の実績があります。

 

そして培養幹細胞治療の良い点を説明させていただきます!

 

良い点その1

脂肪採取量が少量(おちょこ1杯くらい)でおこなえてお体に負担が少ない事!細身の方は今までは残念ながらお断りしていましたが、培養幹細胞治療でしたら治療が可能です!

 

良い点その2

幹細胞を培養してお膝へ注入となりますので、従来の治療以上に効果が見込めます!

 

良い点その3

培養をした細胞を冷凍保存が出来るため、将来的に追加治療を検討する際に脂肪採取の必要なく

残しておいた細胞を解凍して治療ができます!

 

良い点その4

注入後、反応性の痛みが出ないので両膝同日注入ができお膝の曲げ伸ばしに影響が出ない!

 

良い点その5

本人の脂肪組織から作製される培養幹細胞であるため、アレルギー反応等のリスクは極めて低い!

 

良い点その6

酵素は動物由来の原料を含まず滅菌されており、感染症のリスクが低い!