培養幹細胞治療

【培養幹細胞治療】の流れって?

皆様こんにちは!

本日のブログは看護師の深澤が担当させて頂きますので宜しくお願い致します🌸

今日も30度以上の夏日ですね💦

皆様、体調は崩されていないでしょうか?

 

本日は当院でご提案させていただいている培養幹細胞治療について少しお話させていただきます😃

 

培養幹細胞治療とは?

培養幹細胞治療とは、自分の脂肪を使って変形性膝関節症などを治療する再生医療です。具体的にはお腹の脂肪を『おちょこ1杯分』だけ採取して、そこから幹細胞という膝の痛みに働く細胞を取り出し、専門の施設で培養してお膝に注射するという治療法です。

脂肪採取は局所麻酔を使用して行いますので、医師とお話しながら受けることが可能です。安全を考慮して術後30分は安静にしていただきますが、術後すぐに日常生活に戻ることが可能ですので、入院の必要はありません🌼

 

採取した脂肪はどのように加工されるのか?

厚生労働省から製造の許可を得た細胞培養加工施設で培養は行われます。

よろしければ動画を用意しておりますので、ご覧になって下さい😃✨

採取した脂肪がどのような工程を踏むのか、ご理解いただけましたでしょうか?

このように幹細胞は大事に育てられております💛

 

注入方法は?

培養後の幹細胞は関節内に注入するのですが、注入自体は1~2分程で終わります。

ですので「もう終わったの? 」というお声をいただくことも度々あります。

注入後は歩いてご帰宅いただけますのでご安心下さい(*^▽^)♪

 

培養幹細胞治療の流れについて説明させていただきましたが、如何でしたでしょうか?

当院の治療にご興味を持っていただけましたら、まずはお気軽にご相談ください。

少しでも皆様のお力になれたら幸いです😊

 

メール相談💌

電話相談