膝痛を解消してマラソンに専念!再生医療を受けた実例のお話

こんにちは🌞

 

看護師の山本です(^^)/

 

2月ももう終わりですね!

 

先日の日曜日、東京では【東京マラソン】が行われました。

 

私の住んでいるマンション目の前の通りがマラソンのルートになっていて、

 

とてもたくさんのランナーが走っているのを

 

「すごいなあ~~👀❕」とベランダから応援しておりました!笑

 

 

膝が痛くてもマラソンを諦めない人はたくさんいます

実は、数か月前に、当院にも

 

「東京マラソンに出るので膝の痛みをとりたい」

 

という方が多くいらっしゃいました!

 

東京マラソンに当選するなんて本当にすごいですよね😳!

 

当院にもランニングが趣味のスタッフがいるのですが、

 

毎年落選する~😭と嘆いておりました。

 

私ももし当選したら走るだろうな~☺(そもそもエントリーしていないですが笑)

 

 

膝の痛みを諦めない人がマラソンのために受けた再生医療とは?

「今まで痛みをごまかしながら走っていたけど、今回東京マラソンに当選したので絶対に走り切りたい」

 

「練習で5~10㎞走ると膝の痛みが強くなってくるので、東京マラソンに間に合うように治療したい」

 

と当院に来院されました。

 

当院のPRP-FDの治療を受けられ、

 

注入後はリハビリや練習などそれぞれみなさん頑張っていらっしゃいました✨

 

東京マラソン当日は「●●さん、無事に完走できたかなあ…」と思いながら、

 

ランナーの皆さんを見守っていました(*‘ω‘ *)

 

次回、経過診察で来院されたときに、お話を伺いたいと思います✨

 

痛みを改善するなら、まずは膝の状態をチェック!

当院の初診では、まずMRIの画像を見てお膝の診断をします。

 

レントゲンでは分からない半月板という軟骨組織や、

 

骨のダメージの具合、靭帯の状態などが確認できます。

 

膝関節のどの部分にダメージがあり、痛みの原因が何なのか、どういった治療が適しているか、

 

を医師よりしっかりとご説明させて頂いております^^

 

半月板が傷んでしまうと、膝関節におけるクッションの機能を果たせなくなってしまい、

 

体重がうまく分散されず、骨の表面の軟骨や、

 

さらに進行してしまうと骨にまでダメージが加わります。

 

どこが傷んでいるかや、どの段階かによって適応となる治療も変わってきます。

 

・血液由来の【PRP-FD治療】

 

・脂肪由来の【培養幹細胞治療】

 

当院のひざ再生医療のメリット

どちらの治療法も、ご自身の成分や細胞を使ってお膝を治していくものになります✨

 

ですので、根本的な治療となりますし、かつアレルギーなどの心配がない安全な治療となります。

 

ひざ再生医療に興味があればお気軽に質問ください!

まだなかなか「再生医療」については浸透していないところもありますが、

 

「再生医療ってなに?」「どんな治療なの?」「私も受けられるのかしら?」

 

と、ご興味のある方はぜひ一度当院へお問い合わせください✨

 

スタッフ一同、お待ち申し上げております💝